理想の暮らしをイメージする

前回は

家づくりを始める時、

まずは、「理想の暮らし」を

イメージしてみてくださいと

お伝えしました。

 

「理想の暮らし」って言われても・・・。

「どんな人生を送りたい?」って言われても・・・。

 

普段考えていないと

なかなか思い浮かばなかったり

するかもしれません。

 

難しく考えなくっていいんです。

 

たとえば・・・

 

パパ

・休日は一人でこもれるスペースで

 ゆっくり昼寝をしたいな

・TVは今よりもうひとまわり大きいのが欲しいな

・学生時代に好きだったギターを

 もう一度弾きたいな

 

ママ

・フラワーの資格を活かして

 自宅でレッスンができるといいな

・サッと時短で家事が済ませられるといいな

・「片づけなさい!」と言わなくっても

 スッキリが保てる家だといいな

 

子どもたち

・友達を呼んで忍者ごっこができるといいな

・お休みの日はパパとキャッチボールをしたいな

・ママにお菓子作りをおしえてもらいたいな

・そろそろ自分だけの部屋がほしいな

・ママが「〇〇しなさい!!」って怒らず、

 いつも笑顔でやさしいママだといいな

 

 

おじいちゃん

・孫と将棋を楽しめるといいな

・夫婦2人でゆっくり旅行ができるといいな

・定年後は家庭菜園でもやってみようかな

 

 

おばあちゃん

・近所の仲のよい人が

 気軽におしゃべりにきてくれるといいな

・庭でガーデニングを楽しめるといいな

・いつでもミシンがさっとかけれたら、

 もっと孫達の洋服や小物を

 つくってあげられるのにな。

 

家族みんな

・年に数回は山や川に出かけたいな

・休日は家族そろって食卓を囲みたいな

・友達を家に招いて気軽なパーティをしたいな

・ゆっくり音楽を楽しみたいな

・好きな映画鑑賞が家でできるといいな

・街中の住まいでも

 陽の光や、風の心地よさ、

 木々の緑や、四季の移ろい・・・

 自然を感じながら暮らせるといいな

・いつもお互いの気配を感じられ、

 安心できる家がいいな

 

などなど・・・

 

普段何気なく、

「こうだといいな」

「こんなことできると楽しいだろうな」

「これからやろうと思ってるんだ」

ということを自由に

思い描いてみてください。

(※これはノートなどに

 書き出しておいてくださいね)

 

そうすると、

自分たち家族の

「理想の暮らし」、

「理想の家」が

イメージしやすくなってきます。